2014年02月15日

保育士の先生デビュー目前

3月からもう勤務が始まるというRちゃん。
採用試験に合格しても、レッスンに通ってきてくれています。

最近は、メロディーに伴奏をつける練習をしています。
V→Wなど、おしゃれな音も積極的に取り入れて、楽しいアレンジが早くも一曲できました。

引っ越して少し遠くなってしまっても、お仕事の合間を縫って引き続きレッスンに通ってくれるそうです。

どんな歌をぱっと見ても、すぐにピアノ伴奏をつけられるようになるまで特訓しよう、と思っています。

そんな保育士さんがいたら、子どもたちはきっと大喜び。

高校教諭時代、お洒落なピアノの前奏を聴いた途端、高校生たちがその歌を大好きになって、いつもせがまれたことを思い出します。

あんなふうに、楽しい楽しいピアノアレンジを、ありったけ教えてあげましょう。


人気ブログランキングへ
posted by 服部先生 at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一歳のお誕生日

丁度、一歳のお誕生日の日にレッスンがあったYちゃん。

おねえちゃまのMちゃんは、指を開いて遠い鍵盤を弾くとき、
「指がつなひきしてる」
と表現する、大変感受性の豊かなお嬢様です。
Mちゃんがピアノを弾いていると、はいはいしてピアノにつかまり立ちし、にこにこと鍵盤の高音を弾くYちゃん。

お父様がお姉様と発表会で連弾した思い出があると伺って、MちゃんとYちゃんも、そんな生涯の温かな思い出を、もしかしたら今も日々刻んでいて、大人になってからふと思い出したりするのかなあと^^
そうであるなら、ピアノを弾け弾けとあまり責めないようにして、誉めて笑っていつのまにか上手になっているようなレッスンをしなくては♪ と反省しました。

盲目のピアニストの辻井さんも、小さい頃から、何を弾いてもお母様は常に喜び、心から感心してお褒めになられたと聞きます。
それならどんな子どももきっと、嬉しくてピアノが大好きになってしまうでしょう。

まずは、自分のピアノ技術を磨こうと思います。
素敵なピアノ曲を作って、うっとりするほど美しく弾くことができるように。
そして私の教室で育った子どもたちが、いつか誇りに思ってくれるように。


人気ブログランキングへ
posted by 服部先生 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。